ハイラリンクスとは?ローラリンクスとの違いは?

歌に関連する事で、たまに「ハイラリンクス」という言葉を聞くことがあります。
ハイラリンクスとは逆に「ローラリンクス」というものがあります。
これはそれぞれ「ハイラリ」「ローラリ」なんて呼ばれる事もあるんですけど、そもそもハイラリンクス(またはローラリンクス)とは、どのようなものなのでしょうか?

Sponsored Link

 

まず、ハイラリンクスとはどのような状態なのかです。
これは、よくあるような「のど仏が上がっている状態で発声する事」です。

 

高音を発する時などに、よく喉が上がってしまう人が多いと思います。
これが、ハイラリンクスですね。

 

それとは逆に、のど仏が上がらないように発声する場合を「ローラリンクス」と言います。
正しい発声だったり、ミックスボイスの発声をする時なんかには、ローラリンクスのほうが良いと思われます。

 

基本的には、全ての発声がローラリンクスのほうがいいとは思うのですが、のど仏の構造上、どうしても高音の発声時にはのど仏が上がりやすくなります。
なので、なるべくのど仏を上げないようにする発声が重要だったりします。

 

 

余談ですが、全くのど仏を上げないで高音の発声をするというのは、出来ないんです。
多少は喉が上がると思います

 

これは、のど仏の出っ張っている部分を指で触りながら発声すると、わかりやすいと思います。
通常の発声をしても、ハイラリンクスにならないように発声しても、ある程度はのど仏もあがります。
「全くのど仏を上げずに高音の発声をすること」は、不可能だと思います。

 

なので感覚的には、あんまりのど仏を上げないで発声をするようなイメージになってくると思います。
たぶん誰であっても、のど仏の位置は若干は上に上がってしまうはずです。

Sponsored Link

 

 

 

また、ハイラリンクスなどは治したい・改善したいと感じる方が多いみたいですね。
その場合は、こちらのページも合わせてお読み下さい。
ハイラリンクスの治し方や改善策・方法は?トレーニングは必要?

 

 

 

なお、お気づきの方も多いかも知れないのですが、ハイラリンクスとは「high(高い)」という意味ですね。
その逆でローラリンクスは「low(低い)」という意味です。

 

そうなると「ラリンクス」とはなんぞや?となってくると思うんですけど、
ラリンクスは「larynx」と書き、日本語では喉頭(こうとう)という意味です。

 

つまり、喉頭は高い(high)になる発声がハイラリンクス。
喉頭が低い(low)になる発声がローラリンクスという事になります。

 

 

 

ちなみにハイラリンクスは、2つの考え方があります。
1つは、苦しそうな発声になるので、改善した方がいいという考え方です。
もう1つは、歌声の個性なので、特に改善しなくても良いという考え方です。

 

どちらかと言えば僕の意見では、前者の改善した方がいいと言う考えです。
ですが、人によっては無理に矯正しなくてもいいのかも知れません。

 

僕の考えで言えば、「ハイラリンクスの状態でもローラリンクスの状態でも発声が出来る」のがベストだと思います。
ハイラリンクスは出来るけどローラリンクスに出来ないので、ハイラリンクスで発声するというのは、矯正した方がいいかも知れません。

 

この事だけに限った事ではないんですけど、
「○しか出来ないから○をする」というのと、
「○と△が出来るけど、○をしてみた」というのとでは、
意味合いがぜんぜん変わってくると思います。

 

ハイラリンクスの発声が気になる方は、なるべくのど仏の位置を上げないで発声をする練習が必要です。
いろいろな種類の発声方法が出来ると良いと思うので、
ハイラリンクスでの発声、ローラリンクスでの発声は、把握しておくといいかも知れないですね。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。