ハイラリンクスの治し方や改善策・方法は?トレーニングは必要?

歌などの発声時に、ハイラリンクス(high-larynx)になってしまう事に困っている方が、けっこう多いみたいです。
一度意識すると、気になっちゃってしょうがない時ってありますよね汗
個人的には、ハイラリンクスは改善させた方がいいと思うのですが、ハイラリンクスの治し方やトレーニング方法はあるのでしょうか?

Sponsored Link

 

まずハイラリンクスなのですが、状態としては、のど仏が上がっている状態での発声になります。
基本的には苦しそうな歌声に聴こえやすいので、個人的には改善をされたほうがいいと感じる部分です。

 

要は、のど仏を上げないで発声が出来ればいいんですよね。
それだと高音も苦しくならずに、スコーンと高い声で発声がしやすくなります。

 

という事で、ハイラリンクスの治し方や改善方法についてです。
まず、のど仏を上げないで発声する事が大事なのですが、
のど仏を下げて発声するというイメージが大切だと思います。

 

 

それでは、どうすればのど仏が下がるのか。
これについては、1つ簡単な方法があります。
それは、あくびをする事です。

 

これだけ書くとなんのこっちゃわからないと思いますので、順番に説明しますね。
まずあくびをした状態って、歌にはとても重要です。

 

よくミックスボイスの発声について言われる時に、「舌根(ぜっこん)を下げる」なんて表現をされる事があるのですが・・・
この「舌根を下げる」という行為をすると「喉の奥が広がって」、その喉や口の中の状態が、ミックスボイスには必要不可欠と言われています。

 

 

その「舌根を下げる」という行為を簡単にする方法が、あくびなんですよね。
よって、あくびをする事で得られる効果としては、以下のようなものがあります。

 

・舌根が下がり、喉の奥が広がる
(喉の奥にある共鳴腔を使え、声質が良くなる)

 

・舌根が下がることで喉頭も下がり、ハイラリンクスの改善になる

という事になります。

Sponsored Link

 

 

なので、歌の練習をする時は、あくびをしている時の喉の状態を把握することは大切だと思います。
そして、あくびをする事でハイラリンクス(というか、のど仏が上がる状態)が改善されるのが、わかりやすく確認出来る方法があります。

 

その方法とは、
のど仏を触りながらあくびをする事です。

 

これ、実際にやってみて欲しいんですけど、まずのど仏の一番出っ張っている部分を指で触ります。
そのまま、あくびをしてみて下さい。
のど仏が、下側にぐいっと下がるのがわかると思います。

 

 

要は、あくびをする事で、(舌根が下がることで)喉の奥も広がりますし、のど仏そのものも下げることが出来ます。
このあくびの状態で発声をする練習が、特に大切だと思います。

 

 

また、あくびの状態で発声するのはもう1つコツがあると思っています。
それは、声を後頭部側に発声する事です。

 

声を前に出すのではなく、後頭部の方向に声を出すイメージです。
そのほうが、個人的には「あくびの状態で発声がしやすい」と思います。

 

このように、ハイラリンクスの治し方・改善方法は、あくびの状態を作る事が有効だと思います。
のど仏が下がっている時に高音を出すと、それなりにのど仏が上がっていくと思うのですが、それは正しいのど仏の動きだと考えています。
なるべくは喉の位置をあくびで下げて、そこからは喉を上げないように発声をしていけば、良いトレーニングになるのではないでしょうか?

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。