歌声の出し方で地声で発声するコツは?低音域を歌う方法

歌はいろいろな音域がありますが、けっこう低音域って重要だと思います。
最近では高音の発声が必要なアーティストも増えて来ているんですが、音楽を聴く時って低音を重要視する人も多く、それだけでも低音は軽視出来ない部分だと感じます。
歌を歌う時でも、音楽を聴く時でも、低音は大事です。
それでは、低音を地声で発声する時はどうすればいいのでしょうか?

Sponsored Link

 

 

まず、低音域の歌を歌う時って、地声で歌う時が多いと思います。
というか、低音域って地声になりやすいんです。

 

低音域は、普通に発声しようとすると、地声に似た声が出ます。
ですが実際は、地声とはちょっと違うんです。

 

まずプロの人が低音域の歌を歌っている時って、地声に聞こえるけど地声ではありません。
正確には「チェストボイス」と呼ばれている発声方法です。

 

それでは、このチェストボイスがどのようなものなのか?となるんですけど、
簡単に言ってしまえば、地声の発声に響きを加えたものです。

 

普通の人が地声で発声すると、話し声にも近いような声質になると思います。
ですが、プロの方の発声は、響きが加わっていて、聴いている方も心地よい感覚を覚えると思います。

 

 

つまり歌声を地声で出したいという方は、本来の地声に加えて「共鳴(響き)」というエッセンスを加える事で、チェストボイスという発声になります。
聴いた感じでは、「響いた地声」という感覚になるような声質です。

Sponsored Link

 

それでは、このチェストボイスについてですが、出し方のコツは2つあると考えています。
地声はまあ、話し声と同じものだと考えると、地声にその2つを加味するイメージでしょうか?

 

あ、その前に、チェストボイスについて知りたいという方は、こちらも合わせてご覧下さい。
リンク先はチェストボイスについて書いてありますが、具体的な出し方のコツに関しては、このページの下側に書いてあります。
チェストボイスとは?正しい練習方法は?

 

 

 

まずチェストボイスを出すのに必要なものは、この3つです。

 

1・地声

2・共鳴(響き)

3・発声の方向

 

まず、地声は話し声と同じと考え、省略します。
そして、残りの共鳴と発声の方向なんですけど、同時にやるコツがあります。
それが、声を後ろ斜め下に発声する事なんです。
わかりづらいので、ちょっと説明しますね汗

 

まず共鳴って、いくつか種類があります。
ですがこのページでは、特に解説はしません。

 

まず、声を後ろ方向に出します。
後頭部側とか、首の後ろから声を出すイメージです。
息を前側に出さないように、喉の奥で息(声)を留めておくような感覚です。

 

これが出来たら、同じ発声で声を下側に落とします。
同じく、声を前側に出すのではなく、下側に発声するイメージです。
よく「声を胸に落とす」なんて表現されますね。

 

チェストボイスは、この2つを同時に出します。
つまり、「発声の方向を後ろ斜め下にする」という事です。

 

「後ろ斜め下」だとわかりづらいですが、まず「後ろ方向の発声」を覚えます。
次に「下方向の発声」を覚えれば、次は感覚的に「後ろ斜め下」に発声が出来ると思います。
これはあくまで感覚なので、意識して後ろ斜め下の発声が出来れば大丈夫ではないでしょうか?

 

文字で書くと長くなりますけど、「後ろ斜め下側に発声」と言うと、それだけで出来る人も多いです。
難しく考えず、気軽にやってみて下さい。

 

 

この「後ろ斜め下の発声」で、チェストボイスの発声に必要な、

 

1・地声

2・共鳴(響き)

3・発声の方向

 

の3つがクリア出来た事になります。
共鳴(響き)なんですけど、この歌い方をすると、口腔共鳴(こうくうきょうめい)というものになりやすいです。
口腔共鳴とは?

 

本来のチェストボイスは、口腔共鳴以外の共鳴腔(きょうめいくう)も使います。
ですが、ひとまずはこの出し方で、響いた声質の地声(チェストボイス)に出来ますので、練習して見て下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。