歌声を出す時の方向と強さは?聞こえ方(聴こえ方)や声質も変わる?

歌声に関して重要な事はいろいろとあるのですが、その中でも「声を出す方向」や「声を出す強さ」は必要だと思います。
なかなか軽視出来ない部分だと個人的には思うのですが、詳しくはどのような方向があるのでしょうか?

Sponsored Link

 

まず基本的には、話し声に関しては「前方向」に声を出します。
ですが、歌に関しては「後ろ方向」に声を出すイメージが大切です。

 

わかりやすく言えば、歌声に限っての場合は、

・声を後ろ方向に発声する

・声を喉の奥の部分に留めるように発声する

このどちらかが、イメージするとしたらわかりやすいと思います。

 

声の強さも大きく分けると2種類あり、

・話し声くらいの大きさの、少ない声量

・強めに出す声量

この2つがあります。

 

ミックスボイスと呼ばれる発声では、
声を後ろ方向に、少なめの声量で出すというのが、一般的な出し方だと思います。

 

ですが他の発声では、強く出したり出す方向を変えたり、細かく変更している人も多いです。
いろいろな出し方が出来る事によって、今まで自分が知らなかった声質の発声が出来たり、高音の発声が出来たりします。
一概に「どの出し方が良い」というものではないのですが、いくつかのパターンを知っておくといいと思います。

 

 

 

声を出す方向や強さは?

まず、いくつかの種類を羅列して行きたいと思います。
カラオケなどに行って、複数の出し方を試してみて頂けると良いと思います。
ただ、決して無理はせず、自己責任でお願い致します。

 

☆声を出す方向は後ろ、強さは弱め
一般的に、プロの歌手の方はこの出し方に近い発声をしている方が多いと思われます。

 

☆声を出す方向は下斜め後ろ、強さは弱め
声は「真後ろ+真下」に出すイメージで、結果的に下斜め後ろ向きの発声になります。
低音を出すイメージですが、高音も出せます。

ちょっと感覚的な話なので、難しいと思うのですが、
「声を下斜め後ろに出し、下側に出した声を上側に反射させて高音を出すイメージ」です。
(感覚的なものなので、わからなければスルーして下さい汗)

Sponsored Link

 

☆声を出す方向は上斜め後ろ、強さは弱め
発声の方向は、「頭頂部と後頭部の間あたりから声を出すイメージ」です。
高音の発声時に出す事が多いです。

 

☆声を出す方向は真上、強さは弱め
声を頭頂部から出すイメージです。
より高い声を出す時に使う人が多いようです。

 

☆声を出す方向は真下、強さは弱め
主に低音の発声時に使われやすいです。

 

あとは、それぞれの声を出す方向に対して「強さを弱めではなく、強めに発声する」という事になります。
つまり、全部で10種類の出し方と方向になりますね。
出し方はこれだけではないのですが、おおまかにこの10種類を覚えておけばいいと思います。

 

 

顔を左向き(口が左側、後頭部が右側)とすると、このような方向です。

↑+弱め
/+弱め
→+弱め
\+弱め
↓+弱め

↑+強め
/+強め
→+強め
\+強め
↓+強め

このようになります。
この10種類の方向で、どのように声が変わっていくかは、完全な個人差となります。

 

また、モノマネ芸人の方も、これと同じような声の出し方をして、
「そこから何をどう変えれば、誰々に近い声質になる」
というようなことをしている方もいるみたいです。
要は、それくらい声を出す方向と強さが大事か?という事だと思います。

 

この10種類だけでも、聞こえ方だったり声質は、かなり変わっていくと思います。
出来ればカラオケなどで、自分の発声を録音して再生などしながら、試してみて下さい。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。