歌声がこもる原因や改善方法は?まっすぐ通る声になる練習方法は?

歌に関しての悩みって、あれこれ多いと思います。
その中で、割合として少なくないのが「声がこもってしまう」という悩みです。
こういう場合は、歌声以外の話し声でも、こもってしまう方が多いです。
そんな時は、どんな改善方法があるのでしょうか?

Sponsored Link

 

まず、声がこもってしまう原因についてです。
声がこもるということは、声を出す通路が塞がれている(通りにくくなってしまっている)という原因が多いです。

 

声が通らないで邪魔をしている・・・
この原因で言えることは、
舌が、声の通り道を塞いでしまっている事が原因になっていることが多いです。

 

声って、結局は振動の波です。
音が障害物で遮られてしまうのと同じように、声も障害物(舌)で遮られてしまうことが多いんです。

 

となると、こもった声の改善には、舌をどうにかしないと行けません。
その改善策となる方法が、
喉を開く事なんです。

 

 

一般的には、喉を開くと言われても、どういう事なのかわからない人が多いと思います。
なので簡単に解説すると、喉を開く事で舌根(舌の根元となる部分)が下がり、その結果として喉の奥が大きく広がります。

 

喉の奥が広がると、今まで声が遮られていた舌が下がっているので、
声の通り道が確保出来るというわけですね。

Sponsored Link

 

それでは具体的にどうすれば喉を開く事が出来るのか?という点です。
これは、ある事をイメージすれば、割とわかりやすいと思います。

 

例えば、有名なマンガでドラゴンボールってあるじゃないですか?
その中に出て来るキャラクター・ピッコロ大魔王を思い出して下さい。

 

初期のピッコロ大魔王って、口からタマゴを産んでたじゃないですか?
そのイメージで、ご自分でも口からタマゴを産もうと考えてみて下さい。
きっと、実際に鏡で見た時に、口の中が広がっていて、喉の奥まで見えていると思います。
わかりづらければ、タマゴを飲み込むようなイメージをしてみて下さい。
喉の奥まで見えていると思います。

 

 

このイメージで喉を広げると、声もすっと通ると思います。
他の原因としては、単純に声量が少ないだけだけかも知れません。
喉の奥を広げて、声量をやや強めにすれば、こもった声も改善される確率が高いと思います。

 

また、別の考えで言えば、
こもった声が個性とも言い換えることが出来ると思います。

 

他の事でも言えると思うのですが、自分がコンプレックスに思っている事って、他人から見たら羨ましい部分でもあると捉えることも出来るんですよ。
なので、こもった声も大切にしつつ、改善も取り入れてみるのが良いのかも知れません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。