音痴を直す方法とは?音程と声量の改善で簡単に効果が出る?

カラオケにあんまり行く機会が無い方だと、割合として多いのが「音痴だから行きたくない」という方ではないでしょうか?
頻繁にカラオケに行く方でも、音痴を直したい方や、歌がいまより上手くなりたい方が多いのではないでしょうか?
そこで、音痴を簡単に直す2つのポイントをご紹介します。

Sponsored Link

 

まず音痴の方で多いのは、
「自信がなさそうに、小声で歌う方」です。

 

小声とか、少ない声量で歌う方は、どうしても自信がなさそうに聞こえてしまいます。
バラードとかの歌は小声で歌う必要があると思いますが、J-POPなどでは声量は必要になってくると思います。

 

 

もう1つは、音程ですね。
やっぱり音程が狂ってしまうと、下手に聞こえてしまいます。

 

音程が狂う方は、だいたい2つのパターンがあって、

 

・音程が自分に合っていなくて、高音(または低音)が出せない為に、音程がずれている

 

・原曲をしっかり覚えていなくて、その結果として「原曲とは違う音程やキーの高さで歌ってしまっている」

 

この2つのどちらかだと思います。

 

 

 

なので、今まで書いてきたことを改善出来れば、音痴もだいぶ克服出来ると思います。
必要なのはこの2つです。

 

1・声量の強さ

 

2・自分に合った音程

 

この2つを改善出来れば、少なくとも音痴には聞こえづらくなるはずです。

Sponsored Link

 

さらにもう1つ言うと、リズム感も必要です。
よくあるのが、曲が終わってないのに歌い終わっているような方ですね。

 

ココは正直、カラオケなどでしっかりと画面を見るしかないですね。
カラオケの歌詞の部分って、歌う場所の文字色が変わっていくと思うのですが、
リズムが苦手な方は、ここをしっかり見て歌って下さい。

 

正直、リズムに関しては、簡単には改善出来ないと思います。
ですが逆に言えば、リズムがそこまでずれていなければ、
声量の強さと音程の改善で、音痴も克服出来るはずです。
リズムが普通と考えたら、それなりの声量が出ていて、音程もそれなりに合っていれば、音痴とは言えないくらいの歌唱が出来るはずなんですよね。

 

 

まず声量に関しては、ボソボソと歌うのはやめておきましょう。
音程も、自分で歌える範囲内の選曲をして、
出来ればキーの高低差が少ない曲を選んでおくとベストです。

 

すぐに声量が確保出来ない方は、カラオケの機能でマイクの音量を上げてもいいと思います。
それでいて、ある程度は正確に音程を捉えることが出来れば、歌もそれなりに聞こえます。

 

「キーが低めで音程の上下動が少ない歌」なんですが・・・
男性であれば、福山雅治さんの桜坂。
女性であれば、中島みゆきさんの糸あたりが良いと思います。

 

もちろん、キーの高さは「低すぎても歌えない」という方も多いんですよね。
なので、細かいキーに関しては、カラオケの機能のほうで調節してみて下さい。

 

また、声量のアップに関しては、こちらが人気記事となっています。
鼻腔共鳴の感覚やコツは?練習方法は?
※捕捉ですが、声量に関しては声の大きさではなく「共鳴の強さ」で声量を上げて行きます。
詳しくはリンク先をご覧下さい。

 

 

 

音痴な方は、「声が小さめで、音程が安定しない方」がほとんどです。
または、このどちらか1つに該当してる方ですね。

 

声量がある程度出ていて、音程もある程度は合っていれば、歌の上手い下手はともかくとして、
「音痴に聞こえる」
というパターンはあんまりないと思います。
(あるとすれば、先述したリズムが早いとか遅いですね)

 

ひとまずは、歌いたい曲の音程をしっかりと覚えて、声量も強めに出してみて下さい。
音程の合っている合っていないは、ご自分では判断が難しい場合も出て来ると思います。

 

その場合は、ダイソーなどの100円均一で構いませんので、スマホスタンド的な品物を買ってみて下さい。
それで自分が歌っている時の映像を録画して、後で見返してみて下さい。

 

最近のカラオケは採点機能などで、音程のグラフ(音程バー?)が表示されるものもります。
そういう機能で音程のグラフを表示させつつ、実際に自分が歌ってみると、
どれだけ音程に差異があるのかわかるので、やってみるといいかも知れません。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。