音痴は遺伝するのかしないのか?歌が上手い人と下手な人の差とは?

例えば歌以外の部分で言うと、遺伝するポイントって多いですよね。
やはりDNAは重要なのか、両親と子供とで、いろいろな部分が似たりする場合は多いと思います。
でも、音痴にも遺伝ってあるのでしょうか?

Sponsored Link

 

両親から受け継がれるものって、様々なものがあります。
例えば絵を描くのが上手い両親からは、絵が上手い子供が生まれて来る確率が多いと思います。
実際の場合なんですけど、東大卒の両親から東大合格者の子供が出る場合もあります。

 

勉強ではなくスポーツに関しても、元プロ野球選手の高木豊さんは、子供3人がアスリートです。
長男の高木俊幸氏、次男の高木善朗氏、三男の高木大輔氏、全員がプロサッカー選手です。
(野球とサッカーの違いはありますけど、運動神経は遺伝なんだと思います)

 

 

このように、遺伝する部分が多いと思うのですが、これを歌手の方で考えてみると、

 

・Taka(ワンオク)とHiro(マイファス)
・倖田來未とmisono
・岩崎宏美と岩崎良美
・鈴木聖美と鈴木雅之

 

など、遺伝という要素が強いイメージですよね。
なので、個人的な考えとしては、
歌唱力や音痴というのは、遺伝する物だと思っています。
環境の良さもあるのかも知れないですが、TakaとHiroに関しては、両親から歌を教わったような事はなかったみたいです。

 

 

 

具体的には、歌唱力や音痴が遺伝するわけではないと思います。
正確に言えば、何が遺伝するのかというと、

・声帯の使い方

・リズム感の良さ

・声を出す時の感覚

・音程などを判断する耳の良さ

こういった「歌にとって必要なもの」が、遺伝によって受け継がれていったんだと思います。

Sponsored Link

 

僕の知り合いに、歌のオーディションなどで、最終選考などに残ったような人がいます。
その人が言っていたのは、自分の子供は特に歌を教えたわけじゃないけれど、年齢にしてはかなり歌がうまいと言っていました。
ここも、遺伝なんだろうなと推測しています。

 

 

 

それでは逆に、両親が音痴だった場合、自分は歌がうまくなれないのか?という疑問が出て来ると思います。
確かに遺伝の要素は強いと思うのですが、
遺伝をしたとしても、努力で歌唱力は上げられると思いますし、音痴も改善出来ると思います。

 

以前テレビでやっていたのですが、東大生の両親も東大出身なのか?という企画をやってました。
確かに両親が東大(もしくは片方の親が東大卒)という人も多かったのですが、両親が高卒で自分は東大という方もいらっしゃいました。
なので、歌に関しても、自分の努力次第でなんとか出来ると判断しています。

 

結局は歌が上手い人と下手な人の差は、遺伝が関係する部分もあると思います。
でもそれと同等かそれ以上に、練習量や知識量も関係してくるのではないでしょうか?

 

僕も両親で言えば、父親は歌が下手で、母親はちょっと上手い感じです。
僕も下手ですが、練習と知識量で、人並みにはなれました。
(ものすごくいろいろと調べて、多い時はヒトカラに週2くらいで行って練習してました)

 

 

やっぱり、知識量の多さとか、練習量は大切だと思います。
スポーツでもそうですけど、コーチとか監督からいろいろと教わって、上達して行くじゃないですか?

 

それと同じで、僕もボイトレ本とか買って、ネットでいろいろと調べました。
この当時はyoutubeとかにあんまりボイトレ系の動画はなかったので、情報源はネットと書籍でした。

 

自分の中に知識を蓄えていって、練習とかで経験を積めば、音痴も克服出来ると思います。
遺伝とかは関係なく、練習量で超えていけるのではないかなと感じています。

Sponsored Link

コメントは受け付けていません。